読書貯金はじめました。

読書貯金とは私の造語です。本を要約・評価しつつ記事にして、読み返して智慧になるような記事を書いていきたいと思います。

「マンガでわかる!統合失調症/著者:中村ユキ_監修:福田正人」をAmazon読み放題サービスで読んでみました。

はじめまして。
KISOと申します。
本日は、中村ユキさんの「マンガでわかる!統合失調症」という本についてご紹介いたします。

Amazonの著者紹介によると、

 

中村/ユキ
1973年埼玉県生まれの大阪育ち。百貨店を退職して上京。マンガ家に。その後、知人の紹介で入ったアシスタント先の先輩であるタキと結婚する。現在はフリーのマンガ家として、新媒体およびWeb上で活躍中 

福田/正人
1958年栃木県生まれ。東京大学医学部卒業。現在、群馬大学大学院医学系研究科神経精神医学准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


と、紹介されています。

またこの本はAmazon上ではこのような評価となっております。

2018/10/8現在 ★★★★☆(76レビュー。正確には★4.5) 。

 

かなりの高評価で期待ができますね。

 

ちなみに、皆さんは統合失調症という言葉をご存知でしょうか。

 

私は以前に鬱病を経験したことがありまして、それからそれなりに精神障害のことについて調べたことがありましたので、多少の知識はあります。

 

例えば、統合失調症で有名な人物に関しましては、1994年にノーベル経済学賞を受賞したジョン・ナッシュという人物が有名ですね。

 

彼は幼少時代から一人での作業を好み、一人でいることの多い人物だったらしく、その時から存在しないはずの架空の友人と一緒に過ごしていることがあったらしいです。

 

一方で、相当頭の良い人物だったらしく、進学する際には恩師から数学の天才だと推薦状に書いてもらえるほどだったのだとか……。

 

そして、研究者としての道を歩んでいこうとアルベルト・アインシュタインのもとへ学びに行きたかったらしいのですが、それが敵わず不貞腐れていたところから統合失調症が急激に悪化していったように記憶しています。

 

それから、存在しないの人間からを声をかけられたり、存在しない組織から追いかけられたり、存在しない暗号を解いたり……等など、統合失調症の泥沼へと沈み込んでいくこととなります。

 

いずれにしろ、統合失調症とはこのように存在しないはずのヒト・モノ等の影響を受けてしまうことが多々あります。

 

詳しくは、ビューティフル・マインドという彼を主人公とした映画をご覧ください。

 

ビューティフル・マインド [Blu-ray]

ビューティフル・マインド [Blu-ray]

 

 
それでは、話は少々ずれてしまいましたが、

改めて、本書に対する所感を述べていきたいと思います。

 

まず、この本は「こころ」という主人公としたストーリーと、著者の家族である「中村家」で起きている実際の現場の声、これら二つを参考にしながら統合失調症はどのような症状なのか、そしてどのように向き合っていけば良いのかということが分かりやすくも深い内容として描き表されています。

 

簡単に内容に触れますと、主人公である「こころ」さんは学生時代と社会人生活を通して、自分では気が付かないような異変を次々と日常で引き起こし、それに気が付いた母親が病院に連れて行くことをきっかけとして物語は展開されていきます。

 

異変というのは、アリもしないことを信じ込んでしまう妄想であったり、ありえないような幻覚をみてしまったり、極度の不安感・焦燥感……そして、思考障害に陥ってしまうというようなことです。

 

付け加えると、極端にやる気が出なくて動けなくなったり、集中力が落ちて本の活字を見ることすら嫌になる……最終的には鬱状態に陥って、最悪の場合は死に至ります。

 

これらの症状は、多くの場合は本人にしか分からないことであり、周囲の人間から理解を得ることは難しい病気です。

 

極端に共感力にかけているような人間から見れば、「怠けている」、「性格の問題」というふうに捉えられガチなのです。

 

とはいえ、統合失調症は100人に1人の割合で発症する珍しくない病気です。

 

特に、統合失調症は10代後半〜20代で発症することが多い症状のようです。

 

であれば、この生きにくい世の中では決して他人事のように思えません。

 

そんな心配な方のためにと言いますか、本書では病気と上手く付き合う10カ条というものを紹介しています。

 

①自分の病気について学ぼう

②効果と副作用を知って服薬する

③自分の体調変化を知ろう

④体調が悪いときの対策を練ろう

⑤睡眠不足・過労・ストレスに注意

⑥困った時、体調が悪い時はすぐに相談

⑦自宅以外に居場所を持とう

⑧周囲に理解者・仲間をつくる

⑨社会資源を活用しよう

⑩今の自分を受け入れて、生きやすく変わろう

 

本書では、これらの10カ条について分かりやすくまとめられています。

 

これらの考え方は、決して統合失調症の患者に限られた考え方ではないですし、通常生活を送る上でも非常に参考になる考え方のように思えます。

 

特に「⑩今の自分を受け入れて、生きやすく変わろう」という部分は本当に大切にしたい考え方です。


それでは、本日はここまでとなります。

また、次回の記事でお会いしましょう。 

マンガでわかる!統合失調症

マンガでわかる!統合失調症