読書貯金はじめました。

読書貯金とは私の造語です。本を要約・評価しつつ記事にして、読み返して智慧になるような記事を書いていきたいと思います。

「なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である/中島聡」をAmazon読み放題サービスで読んでみました。

はじめまして。
KISOと申します。
本日は、中島聡さんの「なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である」という本についてご紹介いたします。

Amazonの著者紹介によると、

 

1960年北海道生まれ。早稲田大学高等学院早稲田大学大学院理工学研究科修了。高校時代からパソコン系雑誌『週刊アスキー』において記事執筆やソフトウェアの開発に携わり、大学時代には世界初のパソコン用CADソフト「CANDY」を開発。学生ながらにして1億円を超えるロイヤリティーを稼ぐ。 
  1985年に大学院を卒業しNTTの研究所に入所し、1986年にマイクロソフトの日本法人(マイクロソフト株式会社、MSKK)に転職。1989年には米国マイクロソフト本社に移り、Windows95、Internet Explorer3.0/4.0、Windows98のソフトウェア・アーキテクト(ソフトウェアの基本設計・設計思想〈グランドデザイン〉を生み出すプログラマー)を務め、ビル・ゲイツの薫陶を受ける。本書は、早咲きであった著者の「時間術」をまとめたもの。学生時代から、そして米マイクロソフト本社においても、「右クリック」「ダブルクリック」「ドロップ&ドラッグ」を現在の形にするなどWindows95の基本設計を担当し、またWindows98ではOSにインターネット・ブラウザの機能を統合することで、マイクロソフトのブラウザのシェアを世界一にするなど、大きな成果を上げ続けた秘訣こそが、この「時間術」だった。 
  2000年に米マイクロソフトを退社し、ソフトウェア会社のUIEvolutionを設立してCEOに就任、現在に至る。人気ブログ「Life is beautiful」及びメルマガ「週刊Life is beautiful」でも有名。


と、紹介されています。

 

語彙力の無さがバレてしまう表現になりますが、

凄い経歴と業績ですね。

 

彼がいなければ今日のIT企業の仕事が成り立たなかった……いや、ビジネスの根本が成り立たなかったと言っても過言ではないのではないでしょうか。

 

私自身、IT関係の仕事をしておりますが、右クリック・ダブルクリック・ドロップ&ドラッグを使わな日はありません。

 

毎日パソコンと向かい合っている私にとっては、私の現在の仕事の基礎を作ってくれた感謝すべき人物なのだと思います。

 

それでは、語りたいことも多々あることですし、早速中身に触れていきたいと思います。

 

最初に、この本の大まかな流れとしましては、どうして仕事が終わらないのかという部分を解き明かしていき、それではどうしたら仕事を早く終えることができるのかということについて述べられています。

 

正直、私自身それほど仕事のスピードが早い人間ではないので、彼のノウハウを学んで実行できるものなら明日からにでも実行したいものです。

 

まず、仕事が終わらない理由に関しましては、彼は「余裕」に対する考え方を述べています。

 

それは、単純に仕事を前倒しで行って時間的な余裕を持つということでなく、資本となる肉体のパフォーマンスも含めて「余裕」を持つことの必要性について述べています。

 

そこで一つの学術的な見解を文章に引用しています。

 

「多くの研究で、一晩眠らないとIQはI標準偏差下がることが分かっている。つまり、一晩徹夜すると職務遂行能力は『学習障害がある場合と同程度まで低下する』」

 

ここで何を言いたいのかといいますと、仕事をぎりぎりまでやらなかったり、仕事を安請け合いしてしまったり、まっとうな計画の見積もりをしないことによって、徹夜してまでしなければ終わらないような仕事のスケジュールになってしまうことが、パフォーマンスを著しく低下させ、その低下させてしまった状態で仕事に臨まなければならないという悪循環に陥ることを言っているのだと考えられます。

 

要するに、「できること・できないこをを明確に意志表示し、正確な計画の見積もりをし、万全の肉体状態を維持すること」が、仕事が終わらないという状態を解決するために必要不可欠なのだと考えられます。

 

とは言え、頭で分かっていても実際に行動に移して、それを習慣化することは難しいものです。

 

そのために、著者は何を実行するべきなのかも明確に示してくれています。

 

そこで示してくれている箇所が次の四箇条です。

 

①すべての仕事をスタートダッシュでこなして、絶対に終えられる納期を導き出す。


②最初の2割の期間を「見積もり期間」としてもらい、実際には、仕事量の8割を終える。


③最初の2割の期間で8割の仕事が出来なかったら、期限を延ばしてもらう。


④「仮眠を取る」と「マルチタスクをやめる」で、仕事の効率を上げることが出来る。


④の「仮眠を取る」という箇所に関しましては、職業によって出来る出来ないが分かれそうな部分ではありますが、最初の①~③にかけては多くの職業で活用できる考え方なのではないでしょうか。

 

他にも、仕事を15分で終わる単位で区切る……等々、ありますが文章量の関係で、ここは割愛させていただきます。

 

話を戻しますが、私自身、最初の三箇条に関しては是非とも実行したいと思える内容です。

 

ちなみに、ここから先は私の考えにもなりますが、私が仕事中によく言われたことの一つとして、「ミスが発生する前提でスケジュールを組め」と言われていました。

 

というのも、私は与えられた仕事に関してはミス無くこなして、ちょうどその納期に間に合うような計画の立て方をしてよく間に合わないということが起きたものでした。

 

ですが、ミスが起きる前提でスケジュールを組むと以外と、余裕を持って仕事をすることが出来るのです。

 

そして、それからミスが極力起きないようにするための工夫を一つ一つこらしていきます。

 

すると、あんまり仕事の出来ない私でも、それほど多くのミスを起こすこともなくスムーズに仕事が出来ることを発見しました。

 

もしかしたら、これらの考え方はある種の方々にとっては当たり前の考え方なのかもしれません。

 

しかし、社会人経験も浅く、それほど多くの仕事経験もない方にとっては、意外と身についていない考え方なのではないでしょうか。

 

まだまだ、私自身完璧にこの考えを実行できているわけではありませんが、長い社会人生活で一つ一つモノにしていきたいと考えているところです。

 

それでは、本日はここまでとなります。

 

また、次回の記事でお会いしましょう。