読書貯金はじめました。

読書貯金とは私の造語です。本を要約・評価しつつ記事にして、読み返して智慧になるような記事を書いていきたいと思います。

思想

「正義の喪失―反時代的考察/長谷川三千子」をAmazon読み放題サービスで読んでみました。

はじめまして。KISOと申します。本日は。長谷川三千子さんの「正義の喪失―反時代的考察」についてご紹介いたします。 Amazonの著者紹介によると、 長谷川/三千子昭和21年、東京都生まれ。昭和44年、東京大学文学部哲学科卒業。昭和50年、同大学大学院博士課…

「人はなぜ戦争をするのか エロスとタナトス/フロイト(訳:中山元)」をAmazon読み放題サービスで読んでみました。

はじめまして。KISOと申します。本日は、フロイトの人「人はなぜ戦争をするのか」という本についてご紹介いたします。はてなキーワードの紹介によると、 フロイト(Sigmund Freud,1856.5.6-1939) ユダヤ系オーストリア人の精神分析家、精神科医。人間の無意識…

「善の研究/西田幾多郎」を青空文庫で読んでみました。

はじめまして。KISOと申します。本日は、西田幾多郎の「善の研究」という本についてご紹介いたします。Amazonの著者紹介では短いので、コトバンクでの紹介を引用させていただきます。 西田幾多郎【にしだきたろう】日本の代表的哲学者。石川県出身。四高中退…

「悪の力/姜尚中」を普通に読んでみました。

はじめまして。KISOと申します。本日は、姜尚中さんの「悪の力」という本についてご紹介いたします。Amazonの著者紹介では少々物足りないので、 コトバンクから紹介文を引用させていただきます。 姜尚中 カン-サンジュン 1950- 昭和後期-平成時代の政治学者…

「悪について/中島義道」を普通に読んでみました。

はじめまして。KISOと申します。本日は、中島義道さんの「悪について」という本についてご紹介いたします。Amazonの著者紹介によると、 中島/義道1946年生まれ。東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了。ウィーン大学基礎総合学部修了。哲学博士。現在、…

「百科全書―序論および代表項目/ディドロ、ダランベール編(訳:桑原武夫)」を普通に読んでみました。

はじめまして。KISOと申します。本日は、フランスの多くの知識人が編集に携わったというの「百科全書」という本についてご紹介いたします。 主導して編集した人物はタイトルにも載せてある通り、ディドロとダランベールというフランスの哲学者です。 そんな…

「シーシュポスの神話/カミュ(訳:清水徹)」を青空文庫で読んでみました。

はじめまして。KISOと申します。本日は、カミュの「シーシュポスの神話」という本についてご紹介いたします。Amazonの著者紹介によると、 カミュ1913‐1960。アルジェリア生れ。フランス人入植者の父が幼時に戦死、不自由な子供時代を送る。高等中学の師の影…

「初恋/トゥルゲーネフ(訳:沼野恭子)」をAmazon読み放題サービスで読んでみました。

はじめまして。KISOと申します。本日は、トゥルゲーネフの「初恋」という本についてご紹介いたします。Amazonの著者紹介によると、 イワン・セルゲーエヴィチ・トゥルゲーネフ[1818-1883] ロシアの小説家・劇作家。深い教養と冷静な観察力で、ロシア社会が抱…

「ヰタ・セクスアリス/森鴎外」を青空文庫で読んでみました。

はじめまして。KISOと申します。本日は、森鴎外の「ヰタ・セクスアリス」という本についてご紹介いたします。Amazonの著者紹介によると、 1862年、島根県鹿足郡津和野町に生まれる。本名林太郎。小説家。東京大学医学部卒業。1884年、ドイツに留学。帰国後、…

「エピクロス―教説と手紙 /エピクロス(訳:出隆・岩崎允胤)」を普通に読んでみました。

はじめまして。KISOと申します。本日は、エピクロスの「エピクロス―教説と手紙」という本についてご紹介いたします。今回はAmazonで著者紹介を行っていないので、コトバンクから引用したいと思います。 [没]前270. アテネギリシアの哲学者。前 311年頃ミュテ…

「快楽主義の哲学/澁澤龍彦」を普通に読んでみました。

はじめまして。KISOと申します。本日は、澁澤龍彦の「快楽主義の哲学」という本についてご紹介いたします。Amazonの著者紹介によると、 渋沢/龍彦1928‐87年。東大仏文科卒。サドの作品をはじめ数々のフランス文学を翻訳・紹介する。またエッセイストとしても…

「地下室の手記/ドストエフスキー(訳:安岡治子)」をAmazon読み放題サービスで読んでみました

はじめまして。 KISOと申します。 本日は、ドストエフスキーの「地下室の手記」という本についてご紹介いたします。 Amazonの著者紹介によると、 ドストエフスキー,フョードル・ミハイロヴィチ1821‐1881。ロシア帝政末期の作家。60年の生涯のうち、以下のよ…

「革命の研究/クロポトキン(訳:大杉栄)」を青空文庫で読んでみました。

はじめまして。KISOと申します。本日は、クロポトキンの「革命の研究」という本についてご紹介いたします。Amazonの著者紹介によると、 クロポトキン,ピョートル1842~1921。ロシアの思想家。ロシアでの革命家としての活動は1870年代から1880年代の後半で終わ…

「『いき』の構造/九鬼周造」を青空文庫で読んでみました。

はじめまして。KISOと申します。本日は、九鬼周造の「『いき』の構造」という本についてご紹介いたします。Amazonの著者紹介によると、 九鬼/周造1889~1941。日本の哲学者。東京帝国大学で哲学を学んだのち、8年間ヨーロッパ諸国へ留学。学問を続けるなか、…

「芸術の体系/アラン(訳:長谷川宏)」をAmazon読み放題サービスで読んでみました。

はじめまして。KISOと申します。本日は、アランの「芸術の体系」という本についてご紹介いたします。 Amazonの著者紹介によると、 アラン1868‐1951。フランスの思想家。フランス各地の公立高等中学校で教師生活を送るかたわら、執筆活動を続ける。1903年、新…

「堕落論/坂口安吾」を青空文庫で読んでみました。

はじめまして。KISOと申します。本日は、坂口安吾の「堕落論」という本についてご紹介いたします。Amazonの著者紹介によると、 1909年、新潟県生まれ。1946年に発表した「堕落論」が大きな反響を呼び、続く「白痴」によって、太宰治、織田作之助らと共に新文…

「人生論ノート/三木清」を青空文庫で読んでみました。

はじめまして。KISOと申します。本日は、三木清の「人生論ノート」という本についてご紹介いたします。Amazonの著者紹介によると、 三木/清1897‐1945。兵庫県生れ。京都帝大で西田幾多郎に学んだ後、ドイツに留学、リッケルト、ハイデッガーの教えを受け、帰…

「美学入門/中井正一」を青空文庫で読んでみました。

はじめまして。KISOと申します。本日は、中井正一の「美学入門」という本についてご紹介いたします。 ちなみに、今回はUnlimitedではなく青空文庫になりますのでご了承ください。 Amazonの著者紹介によると、 中井/正一1900年、大阪市生まれ。25年、京都帝国…

「こころの旅/神谷恵美子」をAmazonの読み放題サービスで読んでみました。

はじめまして。KISOと申します。本日は、神谷恵美子さんの「こころの旅」という本についてご紹介いたします。 まず、こころというものをテーマにして物事について述べるということ自体、私個人的には非常に難しい行いのように思えます。 測り方としても定量…